8月22日(水)、第3回基礎力養成講座を行いました。

 メインレクチャーは理学部地球科学科、木村浩之先生の「海底堆積物からの贈り物、メタン!〜地球科学と微生物の融合研究からエネルギー生産、防災対策まで〜」。西南日本の太平洋側の地下には付加体という厚い堆積層があり、深部では温水とメタンが蓄えられています。メタンは微生物によって生成されますが、その最適な条件や、温泉とともに採取されるメタンや水素を用いた分散型エネルギーによる発電の仕組みなどを学びました。講義後に数人の受講生から、付加体の構造は地域によって異なるのか、メタンは無限に生成できるかなど、多くの質問があり、地産地消型エネルギーへの関心の高さがうかがえました。

 午後の瓜谷委員長によるサブレクチャー「研究結果の取扱い(倫理)」は、科学者・技術者はどう見られているか、信頼されているか、研究における不正行為とはどのようなことかなど、質問形式で進められました。FSSの研究を行うに当たり研究倫理の講義は必須です。また、不正を起こさないための研究(実験)ノートの使用についても学びました。

 第1期発展コース生14名の中間発表を入校式に行う予定でしたが、台風で中止になったため、この日、都合のつく8人のポスター発表を行いました。3月以降、他の研究会での発表や海外研修を経験した英語発表もあり、それぞれ研究の内容も深化し、発表態度にも自信が見られ、成長の跡が感じられました。2期生からは個々の発表について感想が寄せられました。

 その後、前回の課題であった研究提案書再提出に対して担当の三浦有紀子先生から評価とアドバイスが返却されました。

 終了後に、Aタイプ(自己推薦型)の受講生は研究計画書に基づき、指導予定の先生と面談を行いました。

木村浩之先生の講義

木村浩之先生の講義を聴く受講生

瓜谷眞裕先生のサブレクチャー

発展コース受講生のポスター発表

発展コース受講生のポスター発表