2019年7月27日(土)、入校式と第1回基礎力養成講座を行いました。

2019年7月27日(土)、未来の科学者養成スクール(略称:静岡大学FSS)の第3期生42名の入校式および第1回基礎力養成講座を行いました。

FSSは、科学技術振興機構グローバルサイエンスキャンパス事業の支援の下、将来、グローバルに活躍しうる科学技術人材を育成することを目的として、科学技術への好奇心・探究心を有する高校生に対し、先端研究への理解を深める講義や探究力を高める演習等を実施するとともに、研究室に受け入れて、生徒自らが行う探究活動を支援します。

丹沢哲郎副学長の挨拶、FSS運営委員長である瓜谷眞裕先生(理学部化学科)の受講にあたっての諸注意等に関する説明の後、瓜谷委員長によるサブレクチャー「研究者倫理〜研究結果の取り扱いを中心に〜」を行いました。信頼される科学者や技術者に必要なことは何か?、不正を避けるために必要なことは何か?、研究成果を発表するとき注意することは何か?、など研究における心構え、自然科学研究の魅力や成果の発表における8つの重要事項を示されました。

午後は、大西利幸先生(農学部応用生命科学科)によるメインレクチャー「なぜ植物は良い香りがするのだろう? 〜化学の目で見る植物生態学〜」です。様々な食品、飲料また化粧品には植物が生み出す多数の「香り」が含まれている。植物がなぜ「香り」を生み出すのか?、「香り」の生理学的意義に関する基礎的な知見および最新の研究事例を化学の視点で紹介されました。終盤にゲラニオール液と酸化マンガンを用いたにおいに関する簡単なグループ実験を行いました。受講生からはなぜ人間は800もの嗅覚受容体があるのか?、味覚のようにそれぞれの香りに対する受容体はどの場所に存在するのか?、臭いにおいの代表である酪酸は分子構造の変化によって良いにおいに変わるのか?、など今日の講義内容を捉えた鋭い質問が出されました。

基礎力養成講座終了後に、事前に提出した研究力養成コースの研究提案書に基づき、各受講生の研究テーマを指導していただく先生方との面談を行いました。

瓜谷眞裕委員長のサブレクチャー


大西利幸先生のメインレクチャー


メインレクチャー、質問風景


香りの実験の様子


研究力指導の先生と面談