2019年8月21日(火)、第3回基礎力養成講座を行いました。

今回のメインレクチャーは理学部の松本剛昭先生の「赤外線を使った分子科学〜目には見えない光で分子の指紋を読み解く〜」です。赤外線は電磁波の一種であり、可視光線より波長が長いものです。この赤外線には分子の構造を引き延ばしたり折り曲げたりする性質があり、これを用いて様々な分子の指紋を読み取ることができます。先生は電場の概念や光の発生の仕組みを説明されたあと、塩化水素、アセトン、メタノールに赤外線を当て吸収された波長の赤外スペクトルを示されました。同じ分子でも蒸気、液体など状態の違いによりスペクトルも異なることから、分子やその状態(指紋)が判別できます。また、赤外線は天文学の分野での活用も進んでいるようです。講義後に受講生から本日の内容の本質をついた質問が多く出されました。松本先生からは赤外線と他の光の異なる点は何か、どんな分子に赤外線を照射してその幾何構造を知りたいか、赤外線を使った研究テーマを考えてみよう、という課題が与えられました。

今日は第1期の修了生でこの春大学に進学した4人のOG/OBが来学し、昼休みのアイスブレーク、午後は受講生とともにワークショップを行いました。ワークシップのテーマは、「未来の科学と社会について、OG/OBと考える、−科学技術はどのようにして人類を幸せにするか−」です。科学技術と社会の関係を考察する過去の事例を各グループのそれぞれが発表し、前回学んだKJ法で整理をしていきました。議論や作業に十分な時間が取れませんでしたが各グループともそれぞれの視点でまとめたものを発表しました。

基礎力養成講座終了後には、研究力指導の先生との面談と、OG/OB・現役生・先生方との交流会(FSS同窓会)が行われました。
 

松本剛昭先生のメインレクチャー


メインレクチャー、質問風景


OG/OB自己紹介


KJ法を用いたワークシップ


ワークシップ・プレゼンテーション