2019年9月8日(日)、第4回基礎力養成講座を行いました。

今回は静岡科学館る・く・るの 谷 俊雄 先生による「科学コミュニケーション演習(科学技術と社会)」です。人類が社会を形成していくとき、課題解決のためにどのような科学や技術が必要となるのでしょうか。その過程で、科学コミュニケーションはどのような役割を担うのでしょうか。はじめに二人一組で道順を教える「おつかいゲーム」を行うことで相手の得ている情報を踏まえたコミュニケーションについて理解を深めました。つぎに6名のグループに分かれ「もし無人島にたどり着いたら」という課題に取り組みました。無人島にたどり着いた弥生時代の人類30名の1年後の生活についてグループ毎に討論し発表しました。最後は水素エネルギーを活用する政策を題材にその推進派3名、慎重派2名、全体の取り纏め役1名にさきほどと同じグループの構成員を役割り分担して同政策の構成要素(水素製造、水素輸送、水素貯蔵、エネルギー等供給、エネルギー等使用)を踏まえて検討しました。これらの演習を行うことで研究を進める上での技能あるいは社会と科学や技術を繋ぐ手段としての科学コミュニケーションについて理解を深めました。

ランチタイムでは第2期発展コース生13名の紹介とショートトークを行いました。

午後は、発展コース生によるポスター発表(中間発表)を行いました。第3期基礎力養成コース生は各自が興味をもった発表を聞くとともに発表者へ熱心に質問していました。

ポスター発表に続き、受講希望者を対象として英語表現セミナーを行いました。来月以降に予定されている英語による討論へ活かされることが期待されます。当日は台風の接近に伴う公共交通機関の運休等が危惧されたことから途中で帰宅を余儀なくされた受講生もいました。

科学コミュニケーション演習


科学コミュニケーション演習・グループ発表


ランチタイム・発展コース生ショートトーク


発展コース中間発表1


発展コース中間発表2


英語表現セミナー