<2017 プログラム><2018 プログラム><2019 プログラム><2020 プログラム><2017-2020 活動報告>

プログラムの内容(2020年度)

FSSのプログラムは本来すべてが対面実施ですが、2020年度は今回の緊急事態宣言を受けて、受講生の安全第一と感染拡大防止の観点から、終息までの間すべてのプログラムをオンライン形式(リアルタイム同時双方向型やオンデマンド型など)で行うことを検討しています。オンライン形式の場合、受講生には、オンラインツールを用いた講義・ワークショップに自宅から参加していただき、教員の研究指導をオンラインで受けていただきます。

例えば、講義は静岡大学教育TVを利用したオンデマンド形式あるいはZoomを用いたオンライン形式(リアルタイム同時双方向形式)で受講し、ワークショップは Zoom や Teams を使って参加します。インターネット環境が整っていれば、パソコンやタブレット端末はもちろん、スマートフォンでの場合もWi-Fi接続で通信経費を軽減できます。研究指導は電子メールのほか、Zoom やスカイプを使って受けることができます。

[1年目]

☆基礎力養成コース(2020年度)

静岡キャンパスで実施します。



* やむを得ない理由で欠席した場合は、SETV受講生限定講座の録画資料を視聴してください。
* 閲覧に必要な情報は受講生メーリングリスト経由のメールあるいはFSS-HPの「お知らせ(メンバー限定)」、「FSS受講生専用掲示板」等で連絡します。
* 通常、メインレクチャー・サブレクチャーの録画は、講座の1〜3日後(編集が必要な場合は5〜7日後)にFSS受講生限定で公開します。

講義内容(2020年度)

2020/07/25(土)第1回講座 活動報告(オンライン講座)

サブレクチャー1
瓜谷 眞裕 (FSS委員長,静岡大学理学部化学科)
「研究者倫理 〜 研究結果の取り扱いを中心に 〜」
 研究とは、観察や実験で得られた結果という事実を根拠に、筋道を立てて考察し、理論や法則、画期的な手法や技術、新規な視点等を導く営みです。研究成果は学術の世界だけでなく社会へ大きな影響を与えるので、研究者は自分の作り出す試料や観察/実験の結果に慎重であるべきです。これを怠ると、誤った結論を導きかねません。また、安易なコピー&ペーストは他人の研究成果を盗用するという行為につながりかねません。この講義を受講することで、研究者としての心構えと研究結果の取り扱いの注意点を説明できるとともに、自分の研究で実践することができるようになります。

メインレクチャー1
塩尻 信義 (静岡大学理学部生物科学科;動物発生学・再生医学)
「肝臓の再生の不思議」
 肝臓は、私たちが生きていく上で欠かせない代謝臓器です。その3分の2を失っても元の容量に回復でき、再生能力に優れた臓器として知られます。これはギリシャ神話にあるプロメテウスの火の話にも出てきます。古代の人々がどのようにして肝臓の再生能力を知ったのか、興味深いですが、最近では肝臓の再生の仕組みについて次々と新しいことが明らかになっています。しかし、その仕組みは必ずしも肝臓の再生に特有のものではありません。そのため、肝臓の再生の仕組みとして証明されたことが、肝臓とはあまり関係のない病気の治療にも応用されています。この講義では、肝臓の再生の不思議について生物多様性の観点もふくめて紹介します。


2020/08/02(日)第2回講座 活動報告(オンライン講座)

メインレクチャー2
前田 恭伸 (静岡大学大学院工学専攻事業開発マネジメントコース)
「KJ法入門」
 KJ法は、京都大学の川喜田二郎によって開発されたデータ処理の一手法で、発想法あるいはアイディアを整理する方法としてよく知られています。この手法は討論の基礎となる、自分の論点や疑問点を明らかにする方法として優れています。つまり討論の土台を作ります。実際この手法は京都大学の様々な研究者に共有され、生態学、人類学、サル学などの発展に貢献しました。今回の講座ではこのKJ法について、演習を中心に実際に手を動かしながら学んでいきます。


2020/08/30(日)第3回講座 活動報告(日程変更,オンライン講座)

メインレクチャー3
山極 芳樹 (静岡大学工学部機械工学科; 宇宙工学)
「宇宙開発の歴史とこれから:宇宙エレベーターが開く新たな宇宙開発の時代」
 最初の人工衛星が打ち上げられてから今年で60年、その間、宇宙開発は人類に様々な恩恵をもたらしてきましたが、宇宙へ自由に行き来できるという状態までは至っていません。宇宙エレベーターは、それを可能にする夢の宇宙輸送システムとして近年注目を集めています。本レクチャーでは、宇宙開発の歴史を概観するとともに、注目の宇宙エレベーターについて、その仕組みと研究開発の現状、我々のグループの超小型衛星を使った宇宙での技術実証の取り組み等について解説します。


2020/09/13(日)第4回講座 活動報告

ワークショップ3
谷 俊雄 (静岡科学館る・く・る)
「科学コミュニケーション演習(科学技術と社会)」
 人類が社会を形成していくとき、課題解決のためにどのような科学や技術が必要となるのでしょうか。その過程で、科学コミュニケーションはどのような役割を担うのでしょうか。
①古代人の視点で、科学や技術を考えてみよう!
 古代人にとって、どんな科学や技術が必要だったのでしょう。ロールプレイをしながら考えてみましょう。 
②未来のエネルギーをどう使う?
 現代の社会は、化石燃料から得られるエネルギーを使いながら発展してきました。でも私たちの未来はどうなるでしょうか?エネルギーをキーワードに未来の社会を考えた時、どんな科学技術上の課題があり、どんな社会の構造変化が必要になるかを考えてみましょう。


2020/10/25(日)第5回講座 活動報告

メインレクチャー4
一家 崇志 (静岡大学農学部応用生命科学科; 植物栄養学・土壌学)
「茶樹の遺伝情報と表現型情報の整備でなにができる?」
 茶は世界で最も愛飲されている嗜好飲料の1つです。「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも追い風となり、和食文化を象徴する日本茶は日本文化の海外展開において鍵となる工芸作物として位置付けられています。また、茶はテアニンやカテキン類など、特有で応用性の高い機能性成分を多く有するため、機能性強化を目的とした研究も強く求められています。今回の講座では,茶の生産者と消費者が将来の多様で複雑なニーズに答えるためのアプローチについて、植物栄養学や植物分子育種学といった視点からの問題解決法について解説します。


2020/11/23(祝・月)第6回講座 活動報告

メインレクチャー5
堀田 淳 (株式会社 ゾディアック)


2020/12/13(日)第7回講座 活動報告

メインレクチャー6
徳岡 徹 (静岡大学理学部生物科学科; 植物系統分類学)


2021/01/31(日)第8回講座 活動報告

メインレクチャー7
西岡 佑一郎 (ふじのくに地球環境史ミュージアム; 古哺乳類学)


☆研究力養成コース(2020年度)

静岡キャンパスもしくは浜松キャンパスいずれかで実施します。*2


 

研究発表会(2020年度 2021年3月24日)

2018年度 静大TV撮影ダイジェスト版(06:46)

2018年度 静大TV撮影ロングバージョン版(18:17)

 

選抜(2020年3月)

次の年に継続して、活動を行うことにより、進展が見込め、成果が期待できるかを判定します。

[2年目]

☆発展コース(2019年度,2020年度)

静岡キャンパスもしくは浜松キャンパスいずれかで実施します。*3
具体的な目標をもって、活動します。

目標の例

国際学会での研究発表
学術誌への論文投稿
科学オリンピック
科学賞など・・・

*3●来学日は指導教員と相談して決めてください。